超簡単!宅建試験合格〜宅建資格への勉強法講座〜

TOP
Sponsored Link

宅建(宅地建物取引主任者)試験とは?

宅建とは、国家資格の一つです。主に、不動産業(宅地建物取引業)を営む会社であれば、本店・支店ごとに、5人に一人は宅建資格保持者を置かなければなりません。宅建主任者でなければ、不動産の取引において、買主に対して重要事項の説明をする事は、法律で禁止されています。この為、不動産会社へ入社または、転職するには、ぜひ取得しておきたい資格と言えます。

誰でも人生に1度や2度は、不動産に関わる取引(例えばアパートを借りる、家・土地を買うなど)を経験する事があるはずですので、取引で失敗しないように、知識で武装する為には、オススメの資格でもあります。

また、法律系の国家資格の中では、比較的入門的な位置づけの資格ですので、法律(民法)を学びたい人や、三大国家資格の一つ、不動産鑑定士を目指す人には、腕鳴らしで取得してみるなどの利用価値の高い資格でもあります。

試験範囲は、土地や建物の取引に関する法律(民法)、宅建業法、土地及び建物に関する税金、法令上の制限、建築基準法など多岐に渡りますが、50問の4択問題(マークシート形式)ですので、1年〜2年かけて勉強をするなどと言う事はありません。受験資格もありませんので、比較的、気軽に受験できる資格ということで、社会人の方、学生、主婦の方にも人気のある資格です。

50問中だいたいボーダーラインが33〜36点ほどです。適当に解答を書いたって、確率上12点〜13点は取れます(笑)。合格率は15%〜17%ですが、それほど合格率を意識することは無いと思います。過去に出題された問題さえしっかり抑えておけば、必ず受かります!。なんせ知識ゼロだった私が、3ヶ月で受かったのですから。

それでは、私が3ヶ月の間に、どんな風に勉強をして、見事一発合格を掴んだのか、体験談風に学習方法のアドバイスも混ぜつつご紹介しています。これから宅建を目指す受験生の方のご参考になれれば幸いです。

Sponsored Link

サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。